FC2ブログ

記事一覧

手法作りのポイント 複利でやるなら最大ドローダウンと平均損切が鉄則

FXに夢を見ている方がたくさんいると思います。
私も例に漏れることなくそのうちの一人ですが。

どのような夢を抱くかといえば、やはり複利で資産をガンガン増やしていけることだと思います。
そうした場合、複利に耐えられるメンタルとルール作りが必要になってきますよね。

そこで普段自分がいろいろと手法を作っていくのにあたり、
大きく意識していることを今回は記事にしてみたいと思います。
自分のトレードルールが曖昧だったり、自分で手法を作ってみたいという方は参考にしてみてください。

複利で安定して回していくためにもっとも必要なことは、
最大ドローダウンをとにかく小さくすることだと思います。

そのために工夫するべきはリスクリワードをよくして、
勝率をそこそこ上げていくことだと思います。


それと細かいことを言うのであれば、
エントリー時点でSLを入れないのははっきり言ってダメだと思います。
SLを入れないと、メンタルが弱って手動で損切できずにズドンといかれたときに痛すぎます。
そういう意味ではTPを入れないのはあってもいいんじゃないかなと思います。

それからエントリー時点でハッキリとSLが入れられない、または決められない手法での、
高勝率手法(勝率70%以上くらい)もダメだと思います。
なぜなら高勝率に慣れると損切に対する抵抗がどんどん増えてメンタルが崩れ、
本来切るべきタイミングで切れなくなる可能性があるからですね。

高勝率を目指すのはいいことですが、
きちんとエントリー時点でSLが決められた上で最低リスクリワード1対1以上のルールで目指すべきかなと。


なぜFXでメンタルが大事かと言われると、
自分で損切りできずに1発でこれまでの蓄積をぶっ飛ばしてしまうことがあるからですよね。
それと想定未満の利益で利確してしまうことも問題ですよね。



であれば、SLもTPも最初に決めたらあとはチャートは見ないで放置してもいいようなルール作りと、
そのルールに優位性を信じられるだけの過去検証とフォワード検証が必要だと思います。
過去検証だけでなく、そのルールでフォワード検証をしてみて同じようにトレードできるかはやはり大切です。
その上で過去検証と同程度の成績が出るかを確認することは大切です。
ひとつの目安としてヴァルサラの破産確率0%をクリアするのは自分の中では最低条件です。


それくらいガチガチにやっていかないと資産の増加に合わせてロットを増やしつつ、
同じようなトレードを繰り返していくことは難しいですよね。


鋼のメンタルの持ち主には関係ないと思いますが、
少なくとも私はそんなメンタルは持ち合わせていないので、
じっくりと準備段階を踏んでいるところです。



まとめ
◆メンタルと優位性のある手法が大切
◆優位性のある手法の中に、自動的にメンタルが保たれるルールを組み込むこと
・SLTPをエントリー時に入れるとか、最大損切値を決めてしまうとか
◆損小利大
◆再現性のあるルール(他人に説明したらその人も同じようにトレードができるとか)
◆最大ドローダウン20%未満(目標は10%未満)
◆ヴァルサラの破産確率0%


だいたいこんなことを大切に手法作成をしています。
まだ自分で手法作成したことがない人はぜひ参考にやってみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とってもニシシ(いくちゃ)

Author:とってもニシシ(いくちゃ)
FXで稼ぎたい!
夢も希望も持てないサラリーマンでも、FX勝てるようになれば自由になれる!
こんなしょーもない夢ですが、いろいろとやっていきたいと思います。