FC2ブログ

記事一覧

2017年と2018年のバックテストをしてみて感じたことと、手法を活かすこと

にししEAⅠでユーロドル2017年と2018年のバックテストを行って気づいたことを記事にするといって、
ずっと放置していたのでさらっと書いてしまいます。


結論から言うと、全然ボラが違うんですよ。
2018年がかなりボラが小さいんですよね。

その結果2018年メインで作成した手法がにししEAⅠだったので、
2017年ではあまり結果が伴わなかったんですね。
(それでも年間400pip弱は勝っていましたが。)

2018年はボラが小さくレンジも多い年で、
2017年はボラが大きくトレンドも強めに出ることが多かった。

なのでこの2年で良い成績が出せる手法ならおそらくそれ以前も対応でき、
大きく負けることはないと思ったわけです。

そういった経緯で新手法は両年でバックテストをしました。
(本当に面倒だけどトレール入れた方法で再度2年ぶっ通さないと・・あ、他通貨も。。)
なかなか大変ですが、気づきやアイディアがどんどん浮かぶのでとてもおすすめです。
また新しい手法を思いついてしまって・・・・もう病気だな。。
でもいろんな手法を考えて開発していくことでいろんな組み合わせを知って新しい発見をしていくので、
今後もどんどん出てくると思います。



さて、人によってトレードの仕方やロジックって全然違うと思うんです。
私のように勝率をガンガン捨てていく、負けて当然といった人は少数派だと思いますし。
勝率を上げて日々勝てるロジックを目指す人もいると思いますし。

そんないろいろ考え方や手法はあると思いますが、前提として
自分のライフサイクルに合った手法であること
自分が信じられるロジックであること
再現性のある手法であること
が大切なんじゃないかなと思います。


それとできれば過去チャートでバックテストができる手法がいいんじゃないかなと。
過去においての期待値を出せるというのは大切です。

そうそう、期待値という点においては
エントリー時点でSLが設定できるロジックの方が期待値計算がしやすいのでおすすめです。

エントリー時点で勝率はどれくらい、負けるとこれくらい減る、
勝てばこれくらい勝つ、途中でトレールになったらこれくらいは確保できるとか。
ここまでわかればエントリーするべきかどうかが見えやすいですよね。

私はそこまで考えている時間がないことが多いので、
その発想をすべてロジックに組み込みましたが。


あと最後に大切なこととしては、
自分が信じる方法を時間をかけてバックテストやフォワードテストをして検証を重ねていかなければ、
その手法に血が通わないということです。

私の考える手法ってほとんど修行みたいなもんばっかりです。
自分がMだという自覚があるので、それが原因かもしれませんw

なのでSタイプの人には多分合わないと思うんですよね。
人によってどういう風に勝ちたいとか、目指す理想像ってあると思うんですよ。

なのでそれぞれそれを突き詰めていけばいいんじゃないかなと思います。



私が考える全てのロジックのもとになっている考え方を今度は記事にしてみたいと思います。
また文章推敲せず駄文を並べております。alwaysサーセン.
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とってもニシシ(いくちゃ)

Author:とってもニシシ(いくちゃ)
FXで稼ぎたい!
夢も希望も持てないサラリーマンでも、FX勝てるようになれば自由になれる!
こんなしょーもない夢ですが、いろいろとやっていきたいと思います。

【ツイッターやっています】
ツイッターとってもニシシ